『老犬のストレスケア』心の健康を守るための方法

2024年06月16日

老齢犬の問題行動とは?

獣医療や動物用医薬品の進歩により犬の寿命が延びる一方で、生活習慣病、腫瘍疾患、痴呆が話題となり、老齢犬の問題行動も注目されています。老齢になると、夜鳴き、分離不安、排泄の失敗、破壊行動、恐怖症などの問題行動が増加します。これらの行動は、環境の変化や身体的な老化、病気による不安から引き起こされます。加齢に伴う変化は進むばかりで元に戻ることは少ないため、注意が必要です。

シニア犬のストレス軽減方法

老犬の生活には様々なストレスの原因が潜んでいます。日常の変化に寄り添い、少しでもストレスを減らすための方法を紹介します。

お散歩の工夫

寒い日や場所を避け、短い時間での気分転換として抱っこして外に出るだけでも効果的です。歩くことが辛くない犬には、休憩を挟みながら適度な運動を促し、他の犬や人間との接触を通じて刺激を与えることも良いでしょう。

軽い運動や知育

室内でのアクティビティも効果的です。おやつを使ったゲームや知育おもちゃを利用して、体と頭に刺激を与えましょう。これにより、運動不足を防ぎ、心の健康も維持できます。

生活リズムの調整

日中に寝過ぎないようにし、夜は部屋を暗くして眠りやすい環境を整えます。夜鳴きや徘徊がひどい場合は、動物病院での相談をおすすめします。

分離不安の対処

老犬は分離不安を感じやすくなります。飼い主の不在や環境の変化に対する不安を和らげるため、日常的なトレーニングを続け、適切な対応を心がけましょう。

寝たきり犬のケア

寝たきりの犬にも適切な介護を行い、QOLを高く保つことが重要です。高反発・低反発のマットを使い分けたり、リハビリ施設を利用するなど、個々の犬に合わせたケアを行いましょう。

介護疲れの軽減 

介護疲れを防ぐためには、相談先を見つけることが大切です。動物病院や老犬ホーム、犬の介護士などのサポートを受けながら、無理なく介護を続けましょう。

老犬がストレスを感じる原因

老犬がストレスを感じる主な原因は以下の通りです。

 

無気力症

強いストレスがかかると動く気力が減退し、無感情になることがあります。声をかけても反応しない場合は、注意が必要です。

皮膚炎

免疫力の低下とストレスが相まって、皮膚炎になることがあります。体をかく、舐めるなどの行動が見られる場合は、対策を講じましょう。

持病の悪化

大きなストレスがかかると、腎臓病や心臓病などの持病が急激に悪化することがあります。急な気温の変化や生活スタイルの変化に注意が必要です。

ストレスを溜めにくくするためにできること

積極的に刺激を与える

外に連れ出して匂いを嗅がせるだけでもリフレッシュになります。適度な変化を与えることで、活力を取り戻させましょう。

床材の工夫

滑らない床材を使用し、老犬が転倒しないようにしましょう。

トイレや水飲み場の配置

いつでもトイレや水飲みができる環境を整えることが重要です。

歯周病予防

歯の健康をチェックし、歯周病を予防することで、大きなストレスを軽減できます。

まとめ

老犬のストレスケアは、愛犬が穏やかに過ごせるようにするための大切なケアです。日常生活の工夫や適切な介護を通じて、犬のストレスを軽減し、QOLを高く保つことが重要です。飼い主として、愛犬のサインを見逃さず、適切なケアを行うことで、愛犬との絆を深め、心穏やかに過ごせるようにしましょう。

 

スマイルフラワーって?

老犬ホームスマイルフラワー

老犬ホームスマイルフラワーは千葉県にある関東最大級の広い敷地を持つ、動物病院運営の安心安全な、老犬ホームです。充実のサービスを含む料金体系の元、ご家族に代わりに大切に愛犬をお預かりします。東京、神奈川、埼玉などからアクセスが良く、ぜひお困りの際はご相談ください。

https://roukenhome.com/

スマイルフラワーでの取り組み

個別対応

老犬一頭一頭の健康状態や嗜好に合わせた食事を提供しています。食べやすい形状や温度、トッピングの工夫を行い、少しでも食欲が戻るようにしています。

医療サポート

スマイルフラワーでは、獣医師による定期的な健康チェックを行っています。食欲不振の原因が病気によるものである場合、早期に発見し適切な治療を行います。

リラックスできる環境の提供

老犬がリラックスして食事を摂れるよう、静かで安心できる環境を整えています。ストレスを軽減するための工夫を行い、食欲が回復しやすい状態を保っています。

見学のご案内

飼い主様に直接施設を見学していただき、スマイルフラワーの魅力を感じていただきたいと思っています。施設見学は随時受け付けておりますので、ぜひ一度お越しください。