『愛犬・愛猫の健康を守るための完全ガイド』血液検査データの見方と解説

2024年06月15日

はじめに

愛するペットの健康を守るためには、定期的な血液検査がとても重要です。血液検査は、病気の早期発見や健康状態の把握に欠かせない手段です。この記事では、血液検査で分かること、各項目の意味、検査結果の見方について詳しく説明します。

血液検査で分かること

血液検査は、以下のような病気や症状を見つけるのに役立ちます

 

・フィラリア(犬糸状虫症)

・腎不全

・糖尿病

・甲状腺の問題

・クッシング症候群

・ホルモン異常

・膵炎

・貧血

・脱水

・炎症

毎年春頃の予防接種の際に、愛犬や愛猫の血液検査も一緒に行うことをおすすめします。

血液検査の項目とその意味

高い場合に注意が必要な項目

  • GLU(グルコース):血糖値のことを指しており、高いと糖尿病の可能性があります。猫ちゃんの場合、ストレスで一時的に上がることもあります。

  • BUN(尿素窒素):腎臓の機能を示す指標高いと腎不全の疑いがあります。BUNだけが高い場合、心臓の問題があることもあります。

  • CREA(クレアチニン):腎臓の機能を示す指標です。高いと腎不全の可能性があります。

  • ALT(アラニントランスフェラーゼ)肝臓の健康を示します。高いと肝臓や胆道の問題が考えられます。

  • AST(アスパラギン酸トランスフェラーゼ)肝臓の健康を示します。高いと肝臓や筋肉の問題が考えられます。

  • ALKP(アルカリフォスファターゼ)肝臓や胆道の問題やクッシング症候群の可能性があります。

  • GGT(ガンマグルタミルトランスフェラーゼ)肝臓や胆道の問題を示します。

  • TCHO(総コレステロール):高いと甲状腺機能亢進症の可能性があります。

  • TG(中性脂肪):高いと甲状腺機能低下症の可能性があります。

低い場合に注意が必要な項目

  • TP(総蛋白)栄養状態や肝機能を示します。低いと栄養不足や肝臓の問題が考えられます。

  • ALB(アルブミン):こちらも肝臓の機能を示します。低いと肝臓の問題や栄養不足が考えられます。

  • RBC(赤血球数):低いと貧血の可能性があります。

  • HCT(ヘマトクリット):血液の濃度を示します。低いと貧血や出血が考えられます。

  • WBC(白血球数):低いと免疫不全やウイルス感染が考えられます。

  • PLT(血小板数):低いと血小板減少症や出血のリスクがあります。

高くても低くても注意が必要な項目

  • PCV(ヘマトクリット):高いと脱水の可能性があります。低いと貧血の可能性があります。

  • HGB(ヘモグロビン):高いと脱水の可能性があります。低いと貧血の可能性があります。

血液検査の結果の見方

血液検査の結果には「参考基準値」があります。これは健康な動物の95%が含まれる範囲です。基準値から外れても、必ずしも異常とは限りません。獣医師が問診や身体検査、症状と合わせて総合的に評価します。

定期的な血液検査の重要性

年に1回の血液検査の推奨

若くて健康なペットでも、年に1回の血液検査が推奨されます。7〜8歳以上のシニアは年に2回が理想です。定期的にデータを蓄積することで、体調の変化や病気の予兆を早期に発見できます。

フィラリア検査と同時に行う理由

フィラリア検査は血液中のフィラリア幼虫を調べるためのもので、採血を行います。その際に少し多めに採血し、全身の健康チェックを行うことができるため、フィラリア検査と同時に血液検査を行うことをお勧めします。

持病がある場合の血液検査

治療中や持病がある場合でも、血液検査は治療効果の判定や症状のコントロールに役立ちます。投薬の効果を確認し、必要に応じて治療法を見直すために定期的な検査が必要です。

血液検査の費用と保険の適用

  • 血液検査の費用は動物病院によって異なりますが、一般的には5,000円から10,000円程度です。

  • ペット保険が適用される場合もあるので、事前に保険会社に確認すると安心です。

スマイルフラワーって?

老犬ホームスマイルフラワー

老犬ホームスマイルフラワーは千葉県にある関東最大級の広い敷地を持つ、動物病院運営の安心安全な、老犬ホームです。充実のサービスを含む料金体系の元、ご家族に代わりに大切に愛犬をお預かりします。東京、神奈川、埼玉などからアクセスが良く、ぜひお困りの際はご相談ください。

https://roukenhome.com/

スマイルフラワーでの取り組み

個別対応

老犬一頭一頭の健康状態や嗜好に合わせた食事を提供しています。食べやすい形状や温度、トッピングの工夫を行い、少しでも食欲が戻るようにしています。

医療サポート

スマイルフラワーでは、獣医師による定期的な健康チェックを行っています。食欲不振の原因が病気によるものである場合、早期に発見し適切な治療を行います。

リラックスできる環境の提供

老犬がリラックスして食事を摂れるよう、静かで安心できる環境を整えています。ストレスを軽減するための工夫を行い、食欲が回復しやすい状態を保っています。

見学のご案内

飼い主様に直接施設を見学していただき、スマイルフラワーの魅力を感じていただきたいと思っています。施設見学は随時受け付けておりますので、ぜひ一度お越しください。